日々の中で...

当たり前のことでしょうが3/11の地震以来すっかり生活が変わってしまいました。

中学生の息子はテスト残り2日間を残し休校となっていました。
先日発表があり、テストは中止、学校は4/7の登校日まで部活を含め登校禁止となりました。
普段忙しすぎた息子は、今は読書をたくさんしたり、昨日は主人と相談して新しい携帯に機種変更したり、妹とたくさん遊び、ほんの少し??復習をしたり、時間がなくて今まで出来なかったことを自分なりにこなしているようです。

私は明後日あった中学の保護者会も中止になり、全ての予定キャンセルして家で子供と一緒に過ごしています。出かけてもごく近所まで。
地震の時に息子一人が家にいて、外にいた私は連絡がとれず不安だったこと。
周りの友達は遠出をしていて帰宅難民になり、午前0時以降に帰宅した話しなどを聞いて、子供をおいてどこかへ出かけることも怖くなっています。
原発も、余震も不安です。
揺れていなくてもずっと揺れているような気がするし、地震前日まで胃腸風邪で一週間休んだ娘の風邪が移ったのか私のお腹の調子が先週火曜日から急に悪くなり、食事もとりたくないくらい。
子供たちが食べ盛りなので美味しいものだけは食べさせてあげたいと、あるものでご飯を一生懸命作り一緒に食べるとまた気持ちが悪い...という日々が続いて薬を飲んでもよくならず苦しんでいました。
一昨日、家にあった神経性の胃薬をみつたので服用してみました。
気が付いたら胃がすっきりとして元気になっていました。

被災地の方を思ったらこんな弱音をはいたらいけない、子供たちを私が守らなくては...と過度に思いすぎていたのかもしれません。
被災地の方の様子、テレビや新聞で知って、思い出しては涙がとまらない日もありました。
しかし、段々と普段の生活に戻りつつあります。
e0158355_11362929.jpg

我が家の子供たちは明るく元気にしています。
主人は地震も関係なく仕事が忙しいです。
さぁ!もう大丈夫!!頑張りましょう!!!
[PR]
by occasions | 2011-03-21 12:08 | 日常